FUERAN HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す ビデオスプリッタ 1200@59hz 公式サイト 2021セール スイッチとストレッチャーに用いられる1920

FUERAN HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す、ビデオスプリッタ、スイッチとストレッチャーに用いられる1920*1200@59hz

1120円 FUERAN HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す、ビデオスプリッタ、スイッチとストレッチャーに用いられる1920*1200@59hz 家電&カメラ アクセサリ・サプライ AVアクセサリ 1120円 FUERAN HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す、ビデオスプリッタ、スイッチとストレッチャーに用いられる1920*1200@59hz 家電&カメラ アクセサリ・サプライ AVアクセサリ FUERAN HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す ビデオスプリッタ 1200@59hz 公式サイト スイッチとストレッチャーに用いられる1920 /indecipherable554999.html,FUERAN,web.edurete.com,HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す、ビデオスプリッタ、スイッチとストレッチャーに用いられる1920*1200@59hz,1120円,家電&カメラ , アクセサリ・サプライ , AVアクセサリ FUERAN HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す ビデオスプリッタ 1200@59hz 公式サイト スイッチとストレッチャーに用いられる1920 /indecipherable554999.html,FUERAN,web.edurete.com,HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す、ビデオスプリッタ、スイッチとストレッチャーに用いられる1920*1200@59hz,1120円,家電&カメラ , アクセサリ・サプライ , AVアクセサリ

1120円

FUERAN HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す、ビデオスプリッタ、スイッチとストレッチャーに用いられる1920*1200@59hz







1920*1200@59hz

FUERAN HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す、ビデオスプリッタ、スイッチとストレッチャーに用いられる1920*1200@59hz

Windows10 PCのRADEONからの出力を4K@60Hzの切替器を通すとPCで解像度が4K@30Hzしか選択できなくなるため、こちらのアダプタで解決できないかと導入してみました。PCと切替器の間にGZM-887を挟んだところ期待通りに4K@60Hzを選択できるようになりました。しかし本機の4K@60Hz時のEDIDは3840x2160@60Hz YUV420 色深度8bit固定となります(添付スクショ:RADEON設定の画面)色情報が削減されているため気になる人はかなり画質が落ちたと感じるかもしれませんのでご注意を。総じて4K@60Hzで表示させたいだけならケーブルの先に付けるだけでお手軽に設置できるのでおすすめできます。メーカーさんには4K@60HzでYUV444のEDIDを返す製品を出してくれないかなと思います(RGBでも良いです)HDMI2.0の転送レート上限で表示不能状態に陥る可能性もありますがユーザーの自己責任ということでぜひ。あとこのアダプタを挟むとHDCPは無効になってしまうので保護された映像を見る方には向きませんのでお気を付けを。 続きを読む
「EDID1920*1200」の評価。新たに導入したミニPC (NVISEN Y-MU01 Intel Whiskey Lake-U UHD Graphics 620)のHDMI出力がEDIDを厳密にネゴシエーションする仕様で、HDMI切替器を介在させた時やモニターの電源をOFFにした際に必ずホットプラグが発生し、デスクトップがグチャグチャに乱れてしまう現象に悩むことになった。ミニPCでビデオカードを交換することができず、さらにモニター側がWUXGA (1920*1200)のためEDIDエミュレート能力のあるHDMI切替器・分配器でも対応できずに八方塞がりとなっていたところ、WUXGA決め打ちの本品を発見し藁にもすがる思いで購入。一発で解決した。本品を必要とするユーザーなら承知のこととは思うが、本品はソース機器(PC側)のHDMIホットプラグ検出→EDID判定を騙すものであり、PC側のHDMI出力に直接繋ぐ必要がある。私はPC→【本品】→音声分離器→切替器1→切替器2→モニターと壮大な数珠繋ぎにしているが、それでも問題は発生していない。少々怪しい点は、PCから見たモニター名が実物と関係なく「DELL 2408WFP」になることと、リフレッシュレートがPC側59Hz・モニター側60Hzで食い違うことだが実使用には支障がないので構わない。WUXGA用の本品は、モニター側のEDIDを読み取って保持するのではなく本品自身がWUXGA固定の偽EDIDをPC側に申告する仕組みとみられる。 続きを読む
ASUSのVA32UQ(4K,60Hz)に対して、PS4、Switch、ノートPCのHDMI出力で試したのですがモニタに直で繋げた場合、途中にセレクタを入れた場合、いずれもこのアダプタを噛ますと正常に映りませんでした。アダプタ自体および外装の箱にも、モデル番号などの表示がないため、本当に4k対応のものなのかもわからず、いずれにせよ使えないために返品することにしました。 続きを読む
2つのモニター(FullHDとQHD)、2つのPC、両方でデュアルディスプレイを実現するために購入。結局うまくはいきそうですが、相性?があるようなので、注意が必要です(だんだん、何をしたかったのかわからなくなってきましたが。。。)FullHDのほうは、自動切替のHDMIのため、どちらかを選択すると「ディスプレイ一つ」という扱いになるため、これを避けるためにこのアダプタを購入したわけですが。Intel CPUのGPU出力のHDMIであれば、一発でFullHDのエミュレートをしました。もうひとつ、RadeonのGPUは、FullHDではなく4Kとして認識してしまい、一向にFullHDになりませんでした。カスタム解像度もダメで、なんか、Radeon設定で、「スケーリングモード」を適当にいじって、HDMIリンク保証のオンオフを繰り返したり、色温度を変更したりしたら、いつの間にかFullHDをエミュレートするようになり、思った通りの結果になりました(思ったのは、Radeonがダメなんじゃね?と)。が、よく考えてみると、本当にこんなこと必要だったのか、もっといい実現方法があったのでは、と思わなくもありません。例えば、HDMI対応のKVMを入れる、マトリックス切り替え機を入れる、HDMIが二つ付いているモニターにする、などです。いずれもEDID保持をするかどうかは微妙ですが。。。【早速追記】HDCPに非対応になります(予想できたことではありますが、残念です)。この辺を実現しようと思うと、やっぱりマトリックス切替器(必要な解像度以上でHDCP対応をうたっているもの)を導入するほうが現実的でしょう。 続きを読む

新型コロナウィルス感染拡大防止に伴うお願いについて

現在館内では新型コロナウィルス感染拡大防止のために様々な対策とお願いをしております。

詳細につきましては「新型コロナウィルス感染拡大防止に伴うお願い」をご覧ください。

おすすめサービス

ZHIRONG メタルハンガーラック 大理石ベース ベッドルームフロアスタンディングコートハンガー 物干しラック 頑丈なハンガーパイプ インターネットの有名人 衣類収納ラック 衣料品ディスプレイラック

お知らせ

お問い合わせ 松江市市民活動センター
電話:0852-32-0800 ファックス:0852-32-0847
メールアドレス:info@matsue-stic.net